2017/09/28

読書感想(殺人犯はそこにいる)

こんにちは。
私も年を取るにつれ、活字を読むどころか、漫画を読むのさえペースが落ちてきました。
なので、昨年の今頃、興味本位で買った「文庫X」もずっと手付かずの状態だったのですが、一昨日、不意に思い立って手に取ってみました。

文庫X――「殺人犯はそこにいる」は、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」を追い続けたジャーナリストさんによって書かれたノンフィクションです。
事実をありのままに書かれていますから、全てが生々しい。
まだ可愛い盛りの幼い娘を殺されてしまった遺族の悲痛な想い、無実の罪を着せられ、17年もの長い歳月を刑務所で過ごし、辛く苦しい日々を強いられてきた人、あるいは、無実を訴え続けたのに、聞き入れられるどころか、意地でも犯人に仕立て上げられ、死刑にされてしまった人……。
警察や検察、裁判官とは……?
ただ、権力に物を言わせ、弱者の訴えを封じてしまう恐ろしい現実……。

読み終わってからもすぐ読書メーターに感想を残しましたが、とても書き切れなかったのでブログにも綴ることにしました。
感情に任せて書いてしまうので、もしかしたらご不快になるかもしれません。
とりあえず、念のために続きは追記に書かせて頂きます。
スポンサーサイト

続きを読む

雪原歌乃

『ゆきはらかの』と申します。
のんびりと小説を執筆、複数の投稿サイトに自サイトを掲載中です。